読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドレスと告別式。

挙式まであと1ヶ月なのにドレスが気に入らない。

妥協している自分がいます。

 

挙式プランにドレス代7万円含まれていますが、プランナーさんによると通常平均価格やく14万円のドレスを大方の新婦が選んでいるらしいです。

 

しかし、今試着しているドレスは平均24万円。

プランから17万オーバーで払うのですが…やっぱりデザインとか色、素材が気に入らないので、急遽月曜日に「アンドゥフィー」というレンタルウェディングドレスショップに行ってみることにしました。

サイトを見ると税抜き全て49,800円と記載されており、「沖縄 ウェディングドレス」と検索したらトップにヒットしたからです。

 

 

しかし、月曜日に告別式があると妹から連絡が来ました。

本日お昼に父方の祖母が亡くなったと父から妹にCメールで連絡が来たそうです。

両親離婚していて、父は母方親族に容姿も性格も似た私が一番嫌いです。

だから私には一切連絡が来ていません。

まあ関わりたくもないですが。

 

両親が離婚しても妹には父からちょいちょいCメールで連絡が来ていました。

祖母が入院した、と連絡が来た時には一緒にお見舞いに行きました。

それがつい2週間前です。

10月20転院と病院のベッド付近に貼られていました。

10月22日には97歳を迎え、祖母の旦那さんと一緒に病院で撮った写真がテレビの所に飾られていました。

その写真は元気にベッドに腰掛けて笑っていましたが、その週末にお見舞いに行った頃には寝たきりで腕もとっても細くて骨と皮状態で、頑張って声を絞って喋るのですが小さくガサガサした声で聞き取れない中、頑張って耳をすましました。

 

第一声が「ごめんね、お父さんがごめんね。おばぁが何もしてやれなくてごめんね」でした。

祖母はまだあの時のことを気にしていたんだなぁ、と思いました。

しかし、私の妹の子供…つまり祖母からしたらひ孫にあたるわけですが顔を合わせることができました。

最後の写真になりましたが祖母とひ孫が一緒に並んだ写真も撮ることができました。

 

それで悔いが残っていて頑張って生きていたんだと思います。

そして思い残すことが無くなり楽になったから逝ったのかなぁ、と。

 

両親は離婚しているけど、村八分って言葉もあるし、祖母の事も好きだからお葬式には行きたいけど、父には会いたくないし、父方の家族にとても嫌われているので塩を撒かれても困るという葛藤。

電報送るか、現金書留で香典送るか、自宅ではなく大きく葬儀しているなら人に混じって手を合わせに行けるかなぁ、とか色々頭の中を巡っています。

そしたらドレスは延期かな。