読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚が決まったら。①

12月に挙式を控えており早くも1ヶ月を切りましたので、色んなサイトや雑誌を見ても分からなかったことをまとめてみました。

 

結婚式、挙式、披露宴をすることに決めたら、「挙式スタイル」を選択しましょう。

結婚式は約9ヶ月前から準備する〜とかよく雑誌に書かれていますが、なんでも早く決めることができる人やイメージが固まっている人、パソコン操作が得意でペーパーアイアテム自作可能の人、最後にどのような式でも可能な人(挙式スタイルや場所にこだわりがない)は2,3ヶ月でも可能です。

9ヶ月というのは何の目処もありません。

ゆったり、じっくり物事を決めることができるくらいです。

また、式場やホテルなどの会場の空き具合を知ることができます。

実際、私も雑誌や各ウェディングサイトに乗せられ9ヶ月前から動いたメリットは式場の空きを知ることができた、くらいです。会場、日程決定後は約4ヶ月は動いていません。ウェディングプランナーさんからもメール等もなく、こんなものか、と思ったくらいです。

 

 

話を戻して「挙式スタイル」には主に「人前式」「神前式」「教会式」があります。

 

「人前式」とは…

フリースタイル

アットホーム

リーズナブル

色んな人に祝ってもらいたい!

上記のような人向けだと思います。

ホテルのロビーとかでチャチャッとやるので、少し恥ずかしい感じもしますが、特に貸し切ったりしないのでリーズナブル。

そして、ホテルにチェックインする人とかレストランを利用する人など多くの人が何々?と気になってみる→そしたら花嫁登場!もしかして結婚式!?というサプライズ的な演出になり感動→知らない人だけどみんなが拍手する、というような展開です。

 

「神前式」とは…

厳かな雰囲気

日本の伝統を大事にする

和装(白無垢を着たい)

上記のような人向けだと思います。

神前式には参加したことありませんが、昔の日本人体型であれば着物も似合います。

小柄で寸胴に近い感じの体型です。結婚式=ホテルorチャペルという考えの中、神社で挙式できるので珍しくて思い出深いものだと思います。

 

「教会式」とは…

海外の結婚式をイメージしている人

バージンロードを歩きたい

教会がいい

ドレスを着たい

厳かな雰囲気

上記のような人向けが教会式だと思います。

私も今回、消去法でこちらを選択しました。着物が似合わないので神前式は却下、人前式はうるさくもあり恥ずかしいので却下、じゃあ…教会式にしよう、という感じで。

教会式と言っても、カトリックの様なキリスト像が十字架に縛り付けられていませんし、万が一何かあれば離婚も可能なプロテスタントスタイルで挙げるのでバージンロードは赤ではありません。

 

最後に「披露宴」ですが、簡単に言うと、みんなに「今日は私たちのために忙しい中、祝ってくれてありがとう!」という感謝の意を込め食事を提供し、「一緒に楽しもう!」という感じでしょうか。

大まかな流れとして、入場→ケーキカット→ファーストバイト(ラストバイト)→ムービー→両親にお礼等…内容は変更できますが大抵の人の例はこんな感じだと思います。

 

取り合えず、最初は「挙式スタイル」の決定ですね。