読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉祥寺 個室 居酒屋 旬菜。

 

東京旅行最中に「吉祥寺 個室 居酒屋 旬菜」という居酒屋に行きました。

とりあえず飲み放題プランで予約すると、お通し代と一人2品以上の注文をお願いされたので、それだったらホットペッパーの3,480円で50品食べ放題&飲み放題付きプランがお得かも、と思い予約内容を変更しました。

 

ロフト隣の寂びれたビルの4階にありました。

中は黒で統一感、音楽もうるさくなくてシックな感じの雰囲気で好印象です。

店員さんも気がききます。

ボタン押したらすぐに来てくださり注文。

 

ドリンクの種類も豊富ですが、焼酎系が好きな方はプラス500円で更に飲める種類が増えるらしいです。

南高梅酒のロックを頼みましたが、初っ端から炭酸割りで来ました。

ジョッキキンキンに冷やされていて美味しいですが、ロックが飲みたかったなー。

でも、やっぱり薄かった。

これくらいの間違いなら指摘せず。

 

食べ放題プランの50品がほぼおつまみ系でした。

最初は人数分×1品ずつ頼んで食べきったら次の注文伺います、との事でした。

メニューによって量の割合がめちゃくちゃ。

 

そんな中、ある法則を発見しました。

原価が安いであろうメニューほどがっつりです。

あからさま過ぎて笑えるレベルです。

 

例えばマグロのお刺身は1皿に8切れのみですが、軟骨唐揚げは直径20cmくらいのお皿に山盛り。

冷奴も1丁丸ごとどーんと出てきました。

それに比べ、黒豚角煮は2切れ。

煮込まれてて柔らかくて美味しいのですが、味が濃い!

そして、沖縄でもやらない盛り方。

中サイズ男爵いも3つぶんくらいのフライドポテトを更に敷き詰めてその上に豚の角煮が…。

ポテトと豚の角煮の組み合わせ、初めてです。

 

雰囲気も店員も申し分ないのに、1皿の量が滅茶苦茶なので大人数だったら行ってもいいかもしれないけど、2〜4人で行ったらせっかくの品数多い食べ放題だったのに損した気分です。

お酒も割ったら薄かったなー。