読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚式招待状。

ホテルが用意したテンプレを使用しました。
一応、仕切りたがり屋の彼のお母さんに確認させたら手紙が来ました。
「親の挨拶がないのはあり得ない」
「両親の名前がないのも考えられない」
「彼女の親戚には電話でいいじゃない」
纏めるとこんな感じです。


親の挨拶というのは多分、2人の門出を祝い〜とかってやつかな。
両親の名前も私が片親だから載せない、と彼と決めました。
最後の文章に唖然として涙が止まらなくなりました。

私の事を馬鹿にしてる余りか親族を軽く見てるんだ、と改めて分かりました。
先日の誕生日会も愛想振り回して頑張ったけど、今後会う自信無いです。
親族だからって招待状いらない、電話でいい、とか聞いたことありません。

何を基準に人を見ているのかなぁ、と思います。
でも、今までの手紙とかを親族に見せました。ひどい内容もあります。
看護士主任の叔母が一言
「ボーダーだから気をつけなさい。全て諦めて結婚式はあのお母さんに任せて最後の挨拶で全て力量が伴わず未熟な2人の為にオカアサンがやってくださいました。ありがとうございます。」って言った方がいいよ、とアドバイス頂きました。

少し気が楽になりました。
全ての辻褄が合いました。
自分の結婚式は諦めようと思います。